読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ko-suke@ diary

青山学院大学の一年生。大学生という視点から、普段疑問に思ていることや興味があることを中心に書き込んでいきたいと思っています。

30日チャレンジ

30日チャレンジって?

僕は数年前からtedという様々な分野のプロフェッショナルが講演をする場の映像の中で興味深いと思ったものを見ています。今日はその中で特に僕が興味を惹かれたものを紹介したいです。それが、Matt Cutts氏が2011年3月に講演した、30日チャレンジです。30日チャレンジとは、その名の通り、自分が常日頃したいと思っていることを30日かけて実際に行動に起こしてみるというもの。

 

Mutt cutts氏によれば

彼は約三分間の中で非常に興味深い講演をしていらっしゃいました。彼が実際にしたことは、30日で3万字の小説を作ってみるというものや、世界でも有名なキリマンジャロという山に登ってみるというものです。彼は、室内でコンピュータ作業をしているだけだった自分だが、この行動でがらりと変わることができたとおっしゃっていました。

 

どんな効果が?

そこで気になるのは、30日チャレンジをすることで、どんな効果があるのかということ。彼曰く、それが小さなことで持続可能な事柄であれば、身に付き、断ち切りたい悪しき習慣ならばやめるに最適な期間であるらしいです。また30日あればやりたかったことの大半は完遂できるとのこと。僕が特に心打たれたのは、「皆さんは何を待っているのですか?望もうが望まなかろうが次の一か月はすぐに過ぎさります。そうであれば、ずっとやりたかったことためしにやってみましょう」という最後の締めくくりの文です。僕たちは忙しいとかもっともらしい理由をつけてやりたいことから目を背けているだけではないかと思いました。少しずつ行動に起こしていきたいと思うような内容の公演でした。